右手の痛み

新防音室開設の準備を進めています。

 

といっても、必要なものをアマゾンや楽天でポチポチっと買い進めているのだけなのですが、

 

メトロノームや時計、色鉛筆セット、カレンダー、イス、空気清浄器等々。

 

そして、先日3階から1階へ大きな本棚を運びました。

 

その翌日から右手の手首が痛み出し、

 

すぐ治るだろうと特に気にせず、ガンガンピアノを弾いていたら、

 

ますます痛みが増し、ついには腫れてきてしまいました。

 

手首が腫れるなんて初めてです。

 

はしを持つだけでも痛い状態。

 

レッスンでは、ついつい弾いてしまっていますが、しばらく安静にします。

 

これを機に、

 

最近練習に取り組んでいた、ハイドン、ショパン、ドビュッシー、、、

 

左手のみで練習しています。

 

ハイドンやショパンは、左手だけで弾くことで新しい発見がたくさんあり、

 

こういう期間も大切だなと感じだ次第です。

 

大学を卒業してからは、限られて時間で曲をこなさねばならず、

 

記憶することばかりに気を取られ、片手練習をあまりしていませんでした。

 

自分の左手の音、音色を久々にしっかり向き合って、聴くと、結構な衝撃でした。

 

右手が治っても、左手練習は続けるべき!と思いました。

 

生徒のみなさん、僕も日々目標をもって練習頑張っています。

 

暑い夏に負けず、一緒に練習頑張りましょう♪♪♪

 

 

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室

♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com

 










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です