「発達障がい児へのレッスン」と明記すること

最近、発達障がいへの社会的認知度が上がってきていると感じています。ピアノ教室でも発達障がいのある方への指導を行っているところが増えるといいなと思います。

 

ただ、○○でも入会可とか、

○○でもレッスン受けられます。

というワードは実は好ましくないと思っています。

特に○○の部分が「障がい」「発達障がい」などの言葉の場合、正直良い気持ちはしません。それは、○○でも○○でなくても当たり前のように、ピアノを始めたい人が通えることを望んでいるからです。

 

現状、○○だから入会できません。○○だからレッスン受けられません。という教室が多いがために、このような文言を謳っていないと見つけてもらえない、という理由で僕自身表記していますが、それでも記載する文言はかなり注意を払っています。

因みに僕は、「ピアノを始めたい人ならどなたでも通える教室」とう言葉で発信しています。

 

指導する側からすると、

一人ひとりの立場に立って教えることを追及していくと、発達障がいの有無は関係ない、というのが率直な答えです。

ピアノ教室の先生をされているみなさまにお伝えしたいのは、発達障がいのある方が入会希望されたら是非レッスンをしてみてください!ということです。いつものレッスン同様、その子の立場になって考えると、難しいことはありません。大事なのはその子を否定せずそのまま受け入れること。わからないことがあれば、その子に聞く、保護者に聞く、ネットで調べる、僕に聞くでも構いません。それからで十分対応できます!

 

そもそも音楽は世界共通、全ての人に等しく存在するものだし、何かを理由にレッスンを受けられる、受けられないの違いを作りたくないです。

ピアノや音楽をみんなで楽しんで、多くの人が豊かな気持ちで過ごせると良いと思います♪

 

 

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室

♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com

 


正解のないバッハ~インベンション1番♪

今日のさいたまは涼しかったですね~

家から一歩も出ていないので、生徒のみなさんからの情報ですが笑。毎日いろんな情報を教えてくれるので、さいたまにも大分詳しくなりました。ランチの美味しいお店等、今後も情報お待ちしております♪

 

まだ夏の気分でいたのですが、年末まであと3か月!

12月のクリスマスコンサートの予定が決まりそうなので、近々お伝えしますね。生徒のみなさんにはお手紙を出します。

以前撮ったバッハインベンション第1番の動画を見つけたのでアップします。

今回は正統派の演奏ではないので、こういうのもありかな~程度に聴いていただけたらと思います。楽器、装飾音、テンポ、、、演奏者がその時々答えを出して演奏しなくてはいけません。絶対的な正解のないバッハ。深すぎて先は長いです、精進あるのみ。

 

 

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室
♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com

 

 


清らかな流れ♪

台風や地震が続き、心配がつきない今日この頃。

個人的にも最近体調を崩し気味で、何かどよーんとした気持ちが続いておりました。大したことはないので、もう元気です♪

何事もなく平凡な毎日とピアノがあれば、それだけでありがたくて幸せなことだとしみじみ感じます。

 

というわけで、爽やかな曲。ブルグミュラー25の練習曲より、「清らかな流れ」を弾きました。弱音がメーンの曲ですので、指先のコントロールがとても大切です。ブルグミュラーの練習は、ピアノを始めて数年、アップライトピアノで弾く方が多いと思います。なので、同様アップライトピアノで弾いてみました♪ベヒシュタインなのでちょっと良いやつですが(笑)ご参考までに♪

 

 

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室

♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com

 

 

 

 


小犬のワルツ♪

今日~明日にかけて、今まさに台風直撃中です。

さいたまはそれ程大きな被害がなさそうですが、それでも風が強い!

天気が荒れる前にレッスンは終了。

明日の朝に影響がないと良いのですが。

 

 

さて、コンサート、アンコール、講師演奏等々、

もう何回弾いたか数えられません。それなのになかなか納得いく演奏にたどり着きません♪

ショパンのワルツ作品64-1(小犬のワルツ)を弾いてみました。

速く弾くか、ゆっくり弾くか、最近は1音1音歌って、きれいな音色で、ていねいに、ワルツを感じて、弾くのが自分流になりつつあります。

が、今回は、とりあえず、

比較的オーソドックスに弾いてみました。個人的に微妙な演奏でもあるので、すぐ削除する可能性もありますが笑、よかったら聴いてみてください。

 

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室
♬電話番号♬
048-717-4121
♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com

 


「月の光」ギロック♪

ギロックの「月の光」を弾いてみました。

Debussyの月の光とイメージはほぼ一緒だと思います。

音が少ない分、一音一音への響きの配慮がより大切になってきます。

シンプルに、繊細に、センスをもって、というところでしょうか。

ペダルも多用し、大人っぽい雰囲気の曲ですが、お子様も逃げずにこういう曲に取り組んで欲しいと思います♪

 

 

 

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室

♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com

 


4月からの入会状況♫

今日のさいたまは、なんと33℃!
6月でこの暑さは先が思いやられます。。。
連日夜遅くまでサッカー観戦しているみなさま、体調にはくれぐれも気を付けてください。

さて4月から新講師の氏家先生に来ていただいておりますが、
既に8名の生徒さんにご入会いただきました♪
新講師は、現在、月曜夕方、土曜午前中でレッスンしております。
今後、入会状況をみて拡大するかもしれません。

これまでと変わらず、
おこさま、障がいのある方、みなさま楽しくレッスンしております。
良い先生に来ていただき本当に感謝です。

また、おこさまだけでなく、大人の方も募集しておりますので、
初めての方も是非気軽にご連絡ください♪

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室
♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com

 


防音室とピアノ購入♫

そういえば、

6月初旬のことで今更ですが、

いつも使用している教室の、隣の部屋の防音工事を行いました。

部屋の中に部屋を作る感じ。

これで、2部屋でレッスンが可能となりました。

完成に合わせてピアノも購入!

試弾を重ねて自ら選んだ、ベヒシュタインのアップライトピアノを搬入しました。

現在使用している部屋より狭い分だけ、良いピアノにしよう!ということで、

アップライトピアノでは世界トップレベルのクオリティのベヒシュタインのものにしました。

音色がクリアで、まさにベヒの音そのもの。小さい割にとても良く鳴ります。

1月経って、このピアノにして良かった、と強く実感しています。

生徒の皆さんにはもちろん使用してもらいますし、

僕自身、今使用中のヤマハと共に、違うタッチや音色で練習ができるので、

毎日のピアノライフがますます楽しくなりました。

生徒さんが増えたら、両方の部屋で同時にレッスン、ということも考えています。

それに向け、近日中に新講師の募集をしようかと考えています♪

これから楽しみなことがどんどん増えていきそうな予感です。

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室

♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com

 










レモンスカッシュに浮かぶ月♪

さいたまは、一日雨。

湿気の影響でピアノの音も少しまろやかに。

透き通った通る音も好きですが、

厚みのある温かい温色も良いですね。

湿気があると、ふくよかな音色になるので、これはこれで嫌いじゃないです。

今日も湯川さんの作品です♪

雨の天気とは違い、爽やかさと、ちょっとした憂いのある曲です。

題名を聞くだけで、どんな曲か気になりますよね。

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室

♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com







練習量♪

ピアノ、毎日何時間弾いていますかー?

僕は、音楽大学の学生時代はそこそこ練習していた方だと思います。

3~5時間はコンスタントに弾いていたし、

コンクール前なんかは、朝から晩まで、7~8時間弾いていました。

生徒のみなさんは、学校に通っていたり、仕事をしていたり、

さすがにそんなに弾く時間はないですよね。

そこで、よく言っているのは、

レッスン直前にまとめて練習するより、1日5分で良いから毎日弾いて欲しい、と。

僕の経験から言わせてもらうと、

毎日コツコツがピアノの上達の一番の近道だと思います。

理想は、毎日コツコツ、1時間以上。できたら2~3時間。

小学1年生位からこの位練習できたら、とっても良いですね。

自分が小学生からやり直せるのなら、

少々つらい思いをしても、小1から2時間は弾きます。

しかも、2時間練習することが、やっているうちに全然辛く感じなくなってくることも、よくわかっています。

やればやっただけ上達するので、2~3時間弾くのは、正直、楽しいです。

ただ、学校から帰ってこれだけの練習をするには、絶対周囲の方の協力が必要です。

ご飯やお風呂、宿題、他の習い事もありますし、きっと見たいテレビ番組なんかもあるでしょう。

なので、僕からは、何時間弾いてください、とは言ったことはありません。

共通して言えるのが、短い時間でも毎日コツコツです♪

あと、

これも経験上ですが、7~8時間弾くのは、やはり苦痛です(笑)

でも、練習する目的がはっきりしてくると、7~8時間の練習も自主的にできるようになるということです。

学習塾、水泳、サッカー、習字…

最近のこども達は、習い事が盛りだくさんなので、とても忙しそうです。

短い時間でも、コツコツ!頑張ってみてください♪

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室

♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com







個人レッスンの様子って

個人レッスンは、1対1なので、かなり閉鎖された環境だといえます。

 

レッスンの内容を評価できる人間が、

 

レッスンをしている本人と、受けている生徒のみ(その場において)。

 

もし、している側と、受けている側の認識が違っていたら、

 

指摘してあげる人がいないのです。

 

これって、結構あぶない状況だと思うんです。

 

レッスンの内容って、技術的なものが上達するかしないか、

 

以外にもたくさん評価する点があって、

 

楽しいかどうか、とか、

 

精神面で何か成長できた、とか、

 

いろいろありますが。

 

講師側からすると、レッスンをしていて、なんとなくだけど、しっくりこない、

 

というような時があります。

 

その時に、あとで、レッスンやそれまでの様子を思い返してみます。

 

選曲とか、難易度設定、

 

指摘する量、

 

ほめたかどうか、等々。

 

自分は特に、しゃべりが苦手なので、かけた言葉を思い返してみたりもします。

 

そのしっくりこない具合が、結構あたることが増えてきたような気が少しします。

 

今まで、なんだかモヤモヤするなぁという期間が長かったのですが、

 

最近は早めに答えにたどり着くことができるようになりました。

 

今も、何件がモヤモヤしている部分はあるのですが、

 

1人の時に、思い返しながら、原因を探っています。

 

ピアノ教室に対する要求も、生徒一人ひとり違うので、

 

なかなか一筋縄ではいきません。

 

まぁ、そこが面白いのですが。

 

モヤモヤはすきを見てすぐ発生するので、

 

人間である以上完璧に払しょくするのは難しいと思います。

 

モヤモヤにいち早く気づき、サッと解消する。

 

小さなモヤモヤにいち早く気づくこと。

 

 

 

きっと、モヤモヤ感が講師の経験値の一つなのだと思い、

 

モヤモヤすることを、大切にしていきたいと思います。

 

 

 

ボチボチ6月の発表に向けても準備が始まるので、

 

モヤモヤ感を着実に払いながら、楽しく進めていけたらと思います。

 

 

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室
♬電話番号♬
048-717-4121
♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com