発達障がい児へのレッスン他♪

インターネットで、

「発達障がい ピアノ教室」

「障がい ピアノ教室」

「さいたま 障がい ピアノ」

などと検索してみると、おぐまピアノ教室が上位に出てきます♪

 

また、単純に、

「埼玉 ピアノ教室」

「さいたま市 ピアノ教室」

「見沼区 ピアノ教室」

と検索しても上位に出てきます。

 

これは教室をやっている者としてとっても嬉しいことなんです♪

何故上位にあがってくるかというと、

それだけ「おぐまピアノ教室」のページを、検索、閲覧している方が多いからです。障がいのある方が通える教室が少ないということもあるのですが、「さいたま ピアノ教室」で検索しても上位にくることから、ピアノ教室として多くの方に興味をもたれている、ということが言えると思います。

 

多くの方に注目される教室となったこと、それは、提供していることに対し社会的に大きなニーズがあるということでもあります。

レッスンでは、「生徒の立場になって指導する」ように、

ピアノ教室では、「ピアノを習いたいと思っている方の立場になって運営・情報発信する」ということだと思います。

 

よく、発達障がいのある方を指導することに重点を置いているかのように見られることもありますが、それは違います。教育やピアノ指導に重点を置くことで必然的に発達障がいのある方への指導もできるようになった、というのが正確なところです。もちろん、特別支援学校での教員経験は大きいです。

 

更に、誤解を恐れずに言うならば、音大生やプロ志向の方への指導は簡単なことです。こどもや、発達障がいのある方への指導ができてこそピアノ指導のプロであると思います。音大生への指導では、このように演奏すると良い、という答えを提示するだけでよいのですが、こども達への指導はそれだけでは全く伝わりません。その子の立場になって一緒に考えることが大切なのです。遠い先の目標地点を見据えつつ、こどもの視点に立って小さなステップで進めていく。これがピアノ講師のあるべき姿と考えます。

 

そしてもう一つ、遠い先を見据えて、というところも大事で、そこでピアニストとしての経験が生きてくるのです。演奏技術には人それぞれ差はありますが、目指す音楽はプロもアマも、大人もこどもも同じ領域にあります。ピアニストとして活動するということは、目指す領域が高くて広くていくつもあるのです。だからこどもの立場に立って先を見据えられるのです。

バイエルをやっている子が、ベートーベン後期の作品の如く悲しみと喜びの交錯した表現を目指してもいいし、ブルクミュラーをやっている子がオペラの主役のイメージで歌っても良いのです。

まさに年齢も国境も関係ない、音楽の素晴らしさでもありますね。

 

そんなこんなで、

ピアニストとしてできること、教育者としてできること、

いつも考えながら過ごしています。

謙虚に日々精進、これからもよろしくお願い致します♪

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室

♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com

 


前回の続き~1回目のレッスン

昨日の続きです。

 

新しい場所が苦手な子のその後。

 

1回目のレッスン、玄関に上がり挨拶をした瞬間、とても良い表情。

 

やる気満々で、生き生きとした表情が見えて、

 

これは、きっと大きな期待をもって来てくれたんだなと感じました。

 

最初に挨拶をしたのですが、しっかりと目を見てできました。

 

これはいけるな、と確信。

 

期待と不安を抱えながら一生懸命前に進もうとする気持ちの表れた表情をみると、

 

最初の時点で、嬉しさと感動で感無量でした。

 

体験レッスンの際は、「ピアノ弾いてみる?」と言っても

 

鍵盤の前さえ行けなかったのですが、

 

1回目のレッスンでは、すんなりとピアノの前へ。

 

これは、体験レッスン後、お家で次回のピアノレッスンについてのお話をしっかりとして、

 

心の準備を万端にしてきたおかげです。

 

どこで何をするかわかって、不安な気持ちが少し薄らいだようです。

 

それでも、一人で来るのは(前回はお友達と一緒)初めてだし、

 

ゆっくり時間をかけてやっていこう♪と思っていたのですが、

 

ピアノ、楽器、発声、リトミック、書く学習、

 

体験レッスンで行ったこと全て○

 

30分しっかりとレッスンをこなすことができました。

 

2回目からは自分でもやることがよくわかり、

 

次はこれやりたい!と言ったり、楽しく行っています。

 

今後も新しいことに取り組むことや、その他大きな変化は、きっと動揺があると思いますが、

 

小さな変化をつけながら、本人の対応力もつけていけたらと考えています。

 

少しずつ経験を積んで、状況に応じて対応する引き出しを増やし、

 

落ち着いた気持ちでピアノを続け、日常生活を過ごしてもらえたら嬉しいです。

 

そして、

 

ピアノ演奏の上で、対応力はかなり重要な要素です。

 

弾くピアノの状態も違うし、予想外のところでミスタッチをするかもしれません。

 

聴いている人が咳払いをするかもしれないし、

 

そういう時に細かな対応をしながら演奏するわけです。

 

音楽以外の場面でも役に立つこの力、

 

ピアノを習っていると、日常生活で必要な力もたくさん培うことができるんです。

 

ピアノに興味をもち始めた方、やってみようか悩んでいる方、

 

そんな方は是非、気軽にお問い合わせいただきたいです。

 

おぐまピアノ教室は、いろんな個性のある方が通っています。

 

得意苦手も様々あり、練習も毎日してくる子、1度も練習してこない子(泣)

 

でもみんな楽しく続けています。

 

これからも教室をよろしくお願いしまーす♪










 

音楽教室 ブログランキングへ

初めての事が苦手な子

おぐま教室では、初めての場所が苦手のお子様も何名か通っています。

 

誰でも初めて行う事は、不安がつきものです。

 

でも、そういうことが、苦手程度ではなく、受け入れられないという程の感覚で感じたり、捉えたりする子もいます。

 

初めての場所、初めて行う事、次に何をするかわからない状況が、

 

大きな不安となり行動がしずらくなる、特に自閉症の症状でみられることが多いですが、

 

自閉症ではない方にも見られますし、誰もが少なからずもっている気持ちだと思います。

 

最近もそのようなお子様が入会してくれました。

 

最初は、先に入会しているお友達と一緒に体験レッスン。

 

体験レッスンといっても、お友達の様子を見て、楽器やリズムの練習をできたら一緒にやる程度です。僕との会話は軽く挨拶した位。目も合わせることがなかったです。

 

そして、何をやるかを直接的な形ではなく、間接的に自然な形で、伝えました。

 

気を付けることは、ゆっくりと距離を縮めること。

 

何事にも状況に慣れたり、受け入れたりしていくには時間がかかるものです。

 

そのかかる時間は人それぞれ。自分の感覚で近づくと相手にとっては、急すぎて拒否反応を示すこともあります。

 

会話も同じで、質問してからその返答をするまでの時間も、その子によって時間が全然違います。

 

言葉を聞いて、それに対する返答を頭で組み立て、口に出して言う。

 

この過程は何も考えずに行っている人がほとんどですが、

 

コミュニケーションに慣れない人にとっては、少し時間をかけないとうまく処理できなかったりします。

 

いろいろな場面で、ゆっくり進めることはとても大切です。デメリットはないと思います。

 

そして、目の動きや表情をよく見ていると、何を考えているかがよくわかります。

 

その子の場合、ピアノに非常に興味があるようでした。

 

興味があるけど、近づく勇気がなく、他の活動をしている時でも、ピアノをチラッチラッと見ていました。

 

なので、2,3回目にはきっとピアノを触れるようになるな、と感じつつ、

 

今回は1回目なので、無理強いはせず、ピアノという楽器への期待をもたせて帰ってもらおうかと考えました。

 

その他細かい配慮は、長くなるので省力しますが、

 

その子のお母様、先に入会していたお友達親子、

 

この方達のご協力あって無事体験レッスンは終了。

 

入会まではどうかなと感じつつ、次回は1人でレッスンに来る事に決めました。

 

その子の特質を全員が共有し、連携して体験レッスンという場を作れたことが何よりでした。

 

みなさんご協力ありがようございました。

 

もちろん、不安の大きいなか、1歩を踏み出してくれた本人もよく頑張ったと思います。

 

そして、いよいよ初めてのレッスンとなり、どうなったか、

 

次回にでも書きます。








今月も~すみません♪

まだまだ残暑の厳しいさいたまです。

 

今月もどうしようかすっと悩んでいたのですが、コンサートはしないことにしました!

 

納得のいく仕上がりにするための練習時間を確保できず、苦渋の決断です。

 

日中はレッスン、レッスン後は演奏、他諸々、

 

等していると、4~5日ピアノが弾けないことも。

 

と、こんな感じなので、レッスン以外の仕事の量を少し減らすことにしました♪

 

仕事をした分だけ収入になる、この職業ですが、

 

教室のことや自分の練習が十分にできなくなるようでは、本末転倒です。

 

仕事ばっかりだと、家族への負担も大きいのでね。

 

できた時間の余裕を使って、

 

しっかりと、効率の良く、次のステップへの準備の方法を考えていきたいと思います。

 

あと、最近、教室のチラシ配りのような地道な宣伝活動も全くしていなかったので、

 

こういう初心に帰る気持ちも忘れずにいきたいです。

 

よろしくお願い致します♪

 


音楽教室 ブログランキングへ