講師募集のお知らせ♪♪

募集を始めて少し経ちましたので、再度お知らせさせていただきます♪現在数名の方にご応募いただき、お話を進めているところですが、まだまだご応募、お問い合わせお待ちしております。

特に、障がいのある方でお教室を探されている方が多く、継続的に問い合わせがあります。現況、僕一人で指導できる時間枠がほとんどない状態です。指導していただける方、指導にご興味のある方、ご連絡お待ちしております!!

以下、再掲です。

おぐまピアノ教室では、新規講師を募集いたします♪

ピアノ講師、リトミック講師としてのお仕事にご興味のある方、

詳細は、こちらをご覧ください。

→【講師採用ページ】

よろしくお願い致します♪

おぐまピアノ教室講師・ピアニスト 小熊一輝

仕事の調整♪

ピアノ教室の生徒数増加に伴って、自宅レッスンの時間が大幅に増えてきました。

 

外での仕事は、必ず移動時間が付くのでどうしても効率のことを考えてしまいます。

 

なので少しずつ、自宅での仕事をメインに考え、外での仕事を減らすよう調整しています。

 

うまく調整がつけば、更に余裕をもってレッスン時間を組めるようになると思います。

 

自分の音楽活動の準備や練習にも時間を割けるようになるので、

 

精神的にもとても楽になります。

 

自分が音楽を楽しめる環境にいないと、

 

生徒のみなさんと、楽しさを共有したり、伝えたりできないという思いもあり、

 

贅沢な選択という意見もあるかもしれませんが、演奏家にとって大事な要素です。

 




 

 

 

おぐまピアノ教室、

 

最近、演奏活動や、ホームページ等で認知度が上がってきたせいか、

 

車で30分以上かかる地域からのお問い合わせが増えてきました。

 

数あるピアノ教室の中でここを選んでくれたのは、素直に、とても嬉しいのですが、

 

考えるところは多々あります。

 

まず、障がいのある方を受け入れている教室が非常に少ないことです。

 

音楽のことをしっかり学んでいる事、または演奏家であることに加え、

 

障がいの知識や対応の仕方を知っていること、

 

この2点を持ち合わせている人が少ないということなのだと思います。

 

でも、この2点はちょっとした努力や経験で培うことができるということを、

 

知らない先生が多いのではないでしょうか。

 

 

僕自身、音大時代には、恩師から

 

「あなたはうまい人をたくさん教えて育てていってください。」

 

「大学で教えたら?」

 

ということもよく言われましたが、

 

僕だからこそできる、ということを考えると、やはり、

 

子供や、障がいのある方への音楽教育、だと思います。

 

1歩目を教えるのは、簡単なことだと思われがちですが、

 

実は、一番難しいです。

 

まだまだ勉強しなければいけないことも多く、偉そうなことは言えないのですが。

 

今の日本には、上級者を教えることができる人は、山ほどいます。

 

ただその上級者への階段を駆け上がる1歩目を教える土壌は、希薄であると感じています。

 

例え3歩で終わったとしても、50歩までいけたとしても、1歩めは必ずあります。

 

そして、1歩目がうまくいくことで2歩目にいく確率もあがり、50歩までいく人も増える。

 

 

 

 

1歩目の奥深さは、無限です。

 

100歩目がわからないと、1歩目の踏み出し方、踏み出す方向もわからない、

 

導入期の指導をしていると、それを感じることが多々あります。

 

 

 

そういう意味での、1歩目の重要性をよくわかり、

 

なおかつ、

 

障がいのある方への音楽教育に関心のある方、

 

まだ漠然としてしかイメージできていないのですが、

 

そんな先生を増やしていく、そのような活動ができたらとも考えています。

 

講師募集という選択もありかと思っています。

 

タイミングをみて、進めていきたいと思います♪♪

 

♪お問い合わせ♪
♬ホームページはこちら♬
おぐまピアノ教室

♬電話番号♬
048-717-4121

♬メールアドレス♬
oguma@ogumapiano2015.com

 


音楽教室 ブログランキングへ





千と千尋の神隠しより「ふたたび」

まだまだ暑いさいたま。30度は余裕で超えていると思われます。

 

今日は、千と千尋の神隠しより、「ふたたび」という曲です。

 

良かったら聴いてみてください。

おぐまピアノ教室の生徒も募集中です♪

気軽にお問合せください!!